Lucent Raize
最近の日記5件

  • 05/06 (水) −
    [mika]ちょっと一息
  • 03/31 (火) −
    [mika]最後の自由
  • 03/11 (水) −
    [mika]野菜プラス!
  • 02/12 (木) −
    [mika]あけましておめ...
  • 11/24 (月) −
    [mika]最近の何杯か


  • 日付別

    私の左横でLEDがびかびかしています。かみもりです。

    酔っぱらいが日記を書きますよー。

    先日、「崖の上のポニョ」を観ました。

    おもしろかったです。

    「ある意味」とかでも、皮肉でもありませんよ。

    トトロのようにファミリー向けでありながら、ラピュタのような冒険も入っていたり、千と千尋のような礼儀正しさと絆も感じられます。

    (ちなみに私は、もののけ姫とか、紅の豚が好きです)

    こういう、「がんばる男の子」という主人公を最近みていなかったので、私はそれだけでもまんぞく。

    食べてる途中で眠るところといい、「忙しいからあとにして」といい、やはり宮崎駿は、子供を描かせたら世界一ですね。ほほえましいです。

    それと、ポニョの魚加減(うおかげん、と読んでほしい)が、かなりかわいかったです。びちびちしてます。ほとんど台詞がないところなども、とてもよいです。

    嵐が起こったり、家族がいなくなったりは、やはりスペクタクル! という感じで、目が離せません。

    どきどきしたり、わらえたりするというのは、やはりよいことですね。

    内容としては、いろいろと考察(クトゥルー神話とか、還ってこないとか、もろもろ)している方もいらっしゃいますが、そのまま観てもいいと思うんですよね。

    勝手な私の解釈としては、崖の上、という表現からわかるとおり、ポニョは世界の崖、世界の縁、つまり世界と世界の境界にいるわけです。

    同時に、崖の上に立っているあの家、そしてあの家に住む家族も、境目に立っているわけです。

    (結果、穴を広げると、あの地域が全体的に境目になってしまうという)

    これから見る人がいるなら、目の前に提示された、わかりやすい物語を楽しんでみてください、ということです。

    こんげつはもうちょっとがんばるぞー!

    (BGM:ねがい / 茶太 )

    トラックバックURL

    名前
    コメント
    Copyright (C) 2007-2010 Lucent Raize. All Rights Reserved.